2009年06月30日

弁理士試験、編入試験…


先日、受講生の方から、弁理士試験の学習について

ご相談のメールをいただきました。


他の方でも、編入試験や、弁理士試験の学習で困っていることはありますか?

フィズヨビの講義を受講している方には、優先的にご相談におこたえします。

試験が近くなってきた人も多いと思います。学習法、過去問題をみてわからないところなど、ご相談があればメールでご連絡ください。

posted by タハラ at 23:12| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

電験三種の理論分野

ここ最近、電験三種の理論分野について

問題を解いたり、調べたりしながらずっと考えています。

メルマガにも書いたのですが、


電験三種の理論分野は、

「高校物理レベル」で対応できるか


という問題を考えてみます。

________________________



例えば、高校で物理を学んで高校を卒業した人が、
電験三種の参考書を読んだら、理解できるでしょうか?

電磁気理論については、高校物理を理解していれば、
7〜8割程度理解できますが、2〜3割は理解できない部分が
残ると思います。

電気回路についても、ミルマンの定理や、テブナンの定理など、
大学に入ってはじめて学ぶ内容が登場しますし、複素数を使って、
解くため、複素数についての理解が不可欠になります。

今の高校生は、複素平面をきちんと学びませんので、電気回路の部分を読み進めていくのは難しいと思います。

まずは、複素数の勉強からはじめないと、言っていることが意味不明だと思います。

電子回路については、高校では、半導体については、ホール効果のところで、表面的に学ぶだけですので、増幅回路など、半導体素子を本格的に扱った問題については、理解するのがきついと思います。

このように考えると、電験三種の参考書は、大学初学年程度の学力がある人が、対象になっているように思います。

中でも、特に、複素数のところでつまづいている人が多いのではないでしょうか。


電験三種を受けようと思ったときに、もっともっと基礎のレベルから、ちゃんと分かるように順序だてて説明するような教材があれば、
いいのになぁと思い、田原の電験三種(理論編)を作りました。

今、執筆予定の電験三種対策の参考書も、そのようなスタンスで書きたいと思っています。

_______________________

今後も、電験三種について、継続的に考えていきたいと思っています。受講生の方、メルマガ読者の方、ぜひ、ご自分の体験、ご感想を教えてください。
posted by タハラ at 23:07| 学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

7月のフィズヨビ


6月ももう少しで終わりですね。

7月のフィズヨビは、

夏期講習を予定しています。

夏期講習ですが、これを

夏期「特別」講習

にしようというのが、

僕が考えていることです。

どう「特別」か…

それは、みなさんからの「コメント」からアイデアを得ました。

まだ準備中ですが、7月中旬〜下旬ごろに行う予定です。

お楽しみに
posted by タハラ at 15:07| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

カツオ

今日の夕食はカツオでした。

カツオの薬味は、いろいろですよね。
にんにく、しょうが、ネギ、タマネギ…なにが好きですか。

今日は、カツオとタマネギでした。


posted by タハラ at 23:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電験三種イベント明日まで!


電験三種の解説講義イベントは、

明日までになります。

これが終わると、今のところしばらく公開する予定がありませんので、ご注意ください。


posted by タハラ at 06:30| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

夏休みまで待たずに


予備校にいくと、受講生から

「夏休みに、何をやればいいですか」ときかれることが
多くなってきました。

僕が考えているのは、

できるなら、先手、先手がおすすめ!

ということです。


受験生は、まだ時間があると思って「夏休みにこれをやろう」と
思いがちです。

でも、今、少しでもはじめられることがあれば、今やれば、
その分、夏休みに次のステップにすすめます。

また、模試で、良い点がとれる可能性が高まります。

すると、モチベーションも維持しやすくなります。

たとえば、前期に習ったところを「夏休みで復習しよう」と思っている人が多いのですが、その考え方も間違ってはいないと思います。

ただ、もし、僕がアドバイスするなら、今から、前期に分からなかったところをやってしまうのです。そうすると、夏休みに余裕ができます。

そうすると、後期にも余裕ができるのです。

まだ6月です。時間は、確かに、けっこうあります。

でも、少しずつでも「ちゃんとはじめる」人のほうが
後期に、気持ちが楽になってくると思います。

受験生のみなさんは、時間に追われている気持ちで大変でしょうが、
もし、今の時期にアドバイスできるとしたら、
僕なら、そういうことを思います。

※「物理ネット予備校」なら、高校生でまだ範囲が終わっていない人も、自分で夏休みまでに、全範囲の学習をすすめることができます。無料講義はこちらです。
posted by タハラ at 22:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

電験三種の本


電験三種の本を書く予定です。

複数書く予定なのですが、
おそらく来年?でしょうか。

最近は、電験の問題を解いて、どうやって本としてまとめられるかなあと考えているところです。

関係ないですが、夕食はナスを食べました。

posted by タハラ at 22:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

「微積で楽しく高校物理がわかる本」とうとう5刷目!

先日、「微積で楽しく高校物理がわかる本」が増刷され、
出版社さんから、一冊送っていただきました。


微積で楽しく高校物理が分かる本」は、

とうとう5刷になりました
!!



ありがとうございます。

「社会人のための再入門」と書いてあるのですが、
僕としては、




■高校で微積分を使わないで学んだので、大学の物理にとまどっている人

■物理が「わかる」ようになりたい人

■物理をもう一度学んでみたいと思う社会人の方

■「分かる」喜びがある学び方をしたいと思う高校生

■大学でも物理を勉強したいと思っている受験生

■難関大学を受ける受験生



など、様々な人が、

高校物理を「分かる」ように、楽しめるように、と思って書いたものです。

それにしても、発売3年で、5刷までになるとは思いませんでした。

本当にありがとうございました。
posted by タハラ at 15:04| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

夏休みをどう使う?


6月も終盤になってきました。

受験生なら、夏期講習、社会人ならお盆休みを意識する時期でしょうか。

(僕の場合、8月はだいたい予備校の夏期講習の仕事が入るのでむしろ忙しい時期になりますが…)

高校生だと、夏休みまでは部活や学校の勉強が中心、ということもあるかもしれません。

物理の学び方ですが、予備校の場合、基本的なことを前期に学び、夏期講習はそれをしっかりと身につけ、後期には応用的な内容にいく、ということが多いですね。

フィズヨビの講義だと、前期に物理を学べなかった人でも、夏休みでぐんぐん取り返すことができます。

問題集のおすすめもサイトにありますので、よろしければみてくださいね。
posted by タハラ at 15:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

電験三種(理論)対策


電験三種のイベントですが、みなさん、過去問題を解いてどうですか?

書店で、電験三種(理論分野)の参考書などをみるのですが、
なかなか、「分かる」ように書いてある本は…。


内容が分かっている人には読みすすめられるかもしれませんが、

内容が分からず、独学で、という人には、
「分かる」ように説明してもらわないと難しいだろうなと思います。

おそらく、多くの人は、

「どうせ分からないなら暗記するか」と思うのだと思います。


ただ、電験三種の試験の難易度を考えた場合、

暗記だけは合格点に達しないかもしれません。


必要とされているのは、「分かる」説明だと思いました。








posted by タハラ at 21:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月19日

電験三種イベントスタート!

電験三種のイベントがスタートしました!

ぜひ、参加してくださいね!

こちらからどうぞ
posted by タハラ at 20:09| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

夏期講習

高校生のみなさんは、そろそろ夏期講習どうしようかな、
という時期でしょうか。

近くに予備校や塾がある人は、パンフレットをみているかもしれませんね。

フィズヨビでは、「夏期講習」とは少し違う形で
「何か」をしようかなあ、と考えています。


さて、話は変わりますが、オフ会に参加したい人を
募集しています。

ただ、フィズヨビのみなさんは、北海道から沖縄、どころか
海外から受講している方もいらっしゃる状況なので、
なかなか集まりにくいのですよね…。

一応、東京で7月、20人以上で、と考えてみたのですが、
希望者は、土曜日までに書き込んでくださいね。

フィズヨビ掲示板はこちらです。

posted by タハラ at 19:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

数学の本

「物理に必要な数学」の本ですが、

やっと、自分の書いたものを、哲学の先生にみていただくところまですすみました。

そこで間違いなどがないかチェックしていただいて、

書き直すところは書き直し、編集の方にわたし、

また書き直すところは書き直し、というところまでやったら

だいたい終わりかなあという感じです。

posted by タハラ at 10:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

電験三種イベントは今週末です

さて、いよいよ電験三種(理論分野)のイベントは今週末になります。

今回も、無料講義を用意しています!

それにともなって、6月19日から28日の間、

講座が10パーセントオフになります!!


ので、「買いたいなあ〜」と思っても、

もう少しお待ちくださいね(笑)。

10パーセントオフになると、4000円〜5000円ほど違います。

(複素数講座とのセットも10パーセントオフになります)


今、サイトも準備しているところです。




posted by タハラ at 16:11| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月14日

大学生の力学


「大学生の力学」ですが、
リリースしたばかりなのに、次々とお申し込みが届いています!

本当にありがとうございます。

この講座は、「更新」が可能ですから、

更新すれば、

来年も受講することができます



大学生の勉強、弁理士試験対策、編入試験対策、趣味で大学生の範囲まで学びたい方などにむいています。



さて、来週末には、電験三種の10パーセントオフと
イベントです。

お楽しみに。
posted by タハラ at 14:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月12日

大学生の力学


「大学生の力学」ですが、
編入試験などの方にむけた「セット講座」をつくります。


基本編セットと「大学生の力学」をあわせて
購入すると、

一講座分、価格(3000円)を割引します!!


・・・といっても、

「もう基本編かっちゃったよ!!」という人に
お知らせです。

このセットをつくるということは
発表していなかったため、

現在までに「基本編セット」をすでに購入している方に限り、
(今回のセットの発売以前にということです)

今年度末まで、

割引した額での追加料金で、「大学生の力学」を購入できるようにします。

講座は、5講座ですが、第一講座は無料です。

無料講義はこちらへどうぞ






posted by タハラ at 18:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月11日

大学生の力学ー講座の内容

いよいよ今週末発売、「大学生の力学」ですが、
内容の説明をしたいと思います。

(メルマガ「たとえ話で・・・」で書いたものとほぼ同じです)


____________________


第1講「いろいろな運動」

運動方程式についての説明と、簡単な運動について、微分方程式を解いて、時間の関数を求めます。

田原の物理(基本編)では、v−tグラフを書いて理解していた「終端速度型」を、変数分離型の微分方程式として解きます。


第2講「振動」

高校物理で扱うのは、「単振動」だけですが、ここでは、抵抗力が働くときに生じる「減衰振動」や、周期的な外力を与える「強制振動」を扱います。

運動方程式を立て、それを、微分方程式として解く解法を、豊富な例題を用いて詳しく説明します。ThinkBoardを繰り返し見ながら、自分も手を動かして反復すると、計算の手順をマスターし、自力で解けるようになります
この分野は、編入試験や弁理士試験などで頻出のテーマです。


第3講「回転座標系」

高校物理では、回転座標系として「円運動」を扱いましたが、それを、拡張します。
ある座標系とその座標に対して回転している別の座標系を考え、2つの座標系の間の関係式を作ると、計算によって遠心力とコリオリ力が出てきます。

最後は、北極に固定したフーコーの振り子にはたらくコリオリ力を計算し、フーコーの振り子の振動面が地球の自転と同じ大きさの角速度で回転するのを示します。



第4講「質点系の運動」

惑星の運動を中心に扱います。この講義の目標は、ニュートン力学を出発点にして惑星が楕円軌道を描くことを示すことです。途中の計算はハードですが、ThinkBoard講義で、僕と一緒に計算を進めていき、最後に楕円軌道やケプラーの第3法則を導くことができれば、力学の歴史を追体験できたという充実感を味わうことができるでしょう。


第5講「剛体の運動」

剛体の運動を調べるためには、「重心の並進運動の方程式」と「回転運動の方程式」の2つを立てます。回転運動の方程式は、高校物理の力のモーメントのつりあいを静止していない場合に拡張したものです。

これらの方程式を分析と総合によってまとめ一つの方程式にまとめあげると、そこから、時間の関数や、エネルギー保存則を導くことができます。

つまり、田原の物理の解法体系を、大学範囲まで拡張することができます。この分野は、編入試験や弁理士試験の頻出テーマですが田原の物理の解法体系を身につければ、はじめて見る問題でも解法の方針を見失うことなく、スラスラと解くことができます。

____________________________


独学で学ぶと、式が「なんでここででてくるの」とか、
分からなくなったりして、途中で挫折しがちですよね。

フィズヨビの講義は、その点、ThinkBoardを使って
丁寧に行いますから、大学生の物理範囲でも、
挫折することなく、一つ一つたどりながらついてきていただけると思います。

今回も、無料講義を準備しています。編入対策、大学生はもちろん、高校生で、「大学生の範囲ってどうなの?」と興味をもった方でも、ぜひ、第一講を受講してみてくださいね。

こちらからどうぞ


posted by タハラ at 16:18| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月10日

大学生の力学、13日発売予定!!


大学生の力学」ですが、

いよいよ、13日に

発売できそうです



講座は収録を終えました。

全5講座で、第1講座は無料講義です。


・資格試験
・編入対策
・大学生
・趣味で学ぶ人…

など、多くの人に受講していただきたいと思っています。





posted by タハラ at 20:24| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月のフィズヨビ

おはようございます。


6月のフィズヨビの予定ですが

●電験三種 過去問題解説&10パーセントオフイベント!

●大学生の力学リリース!

です。

お楽しみに〜。
posted by タハラ at 07:44| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

東大イベントへの参加、ありがとうございました

東大イベントが終了しました。

たくさんの方のご参加、ありがとうございました。

掲示板ももりあがって、とても楽しかったですね!

また、ぜひ、「談話室」をやりましょう。

また、イベントの講座への感想もいくつもいただいて、
本当にうれしかったです。

フィズヨビの講義の収録というのは、
パソコンに向かって一人でしゃべってつくっています。

予備校の授業だと、100人いる生徒の前でマイクでしゃべったりするので、「よく緊張しないでしゃべれますね」とか言われますが、

案外、こちらのほうが、反応がある分、あっという間に授業時間がすぎます。

フィズヨビの講義の場合は、「質」をあげようという気持ちでやっているので、よりよい講義をめざしてつくっているという感じです。

ただ、一人でつくっているので、反応がないとさびしいです。

ですから、感想をいただけると、とても励みになります!!

本当にありがとうございます。

今後も、みなさんのお役にたつようなイベントを準備しますので
ぜひ、ご参加ください!

メルマガに登録されると、イベント情報が届きます。

posted by タハラ at 21:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
[PR] 絵本レビュー| 蘭栽培法| センター試験平均点| 河合塾マナビス| 物理予備校| 理科総合| 物理学習| 医学部再受験|

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。