2009年10月28日

センター試験


メルマガ「勝つための物理」で、

センター試験についての記事を書きました。

そこでかいた、「センター試験の特徴」についてです。

____________________


センター試験とは、どういう試験なのでしょうか。


●問題分布は、次のようになっています。

(1)標準的な問題 6〜7割
(2)センター試験特有な問題 3〜4割

なぜ、このような問題構成になるのかというと、センター試験というのが、平均点60点を目指して作られている試験だからです。


センター試験の性格上、問題の難易度自体を難しくするという方向には、いかないため、平均点を下げるための工夫が必要になってきます。


そこで、「難しくはないが、間違えやすい問題」を3〜4割ちりばめることによって、平均点を60点前後に調整しているのです。


それが、センター特有問題です。


ある程度、物理ができるようになってきた受験生が
センター物理を苦手にする場合、

センター特有問題への対策ができていないことが多いです。


__________________________


「実力はあるのに、なぜかセンターの模試では点数がとれない」という人は、

「センター試験の対策」を真剣にやるとよいかもしれません。

試験で点数がとれるためのことを、これからの時期には真剣に考えたほうがいいのです。

posted by タハラ at 06:59| 学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
[PR] 絵本レビュー| 蘭栽培法| センター試験平均点| 河合塾マナビス| 物理予備校| 理科総合| 物理学習| 医学部再受験|

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。