2009年08月12日

ざざざノート


「ざざざノート」のおすすめ

予備校の講義、

ノートはどうやってとっていますか?

自分の気に入ったやり方がある人はいいですが、
もし、迷っている人がいたらおすすめするのが、

「ざざざノート」という取り方です。

左側は、普通にばんしょをうつしたりするのに使います。

そして、そのページの右側に、

「ざざざ」っと走り書きをいれるのです。

「ざざざ」は、講師の言ったことで印象に残ったこと、
講師がさらっといったことなどです。

そうすると、

●記憶のフックになります。後でみて思い出しやすいです。

●その場では理解できなかった講師の思考が、後で分かることもあります。

●ばんしょよりも大きな情報量です

●ききのがすまい、という気持ちと集中力が働くので、授業の理解度があがります。

このノートの取り方を、何ヶ月か前に授業ですすめたのですが、
今日、この取り方をやっている生徒が質問にきました。彼女は、この数ヶ月ですごい勢いで成績が伸びていました。

さて、「ざざざノート」というのは、僕が勝手につけた名前です。



posted by タハラ at 21:40| 学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
[PR] 絵本レビュー| 蘭栽培法| センター試験平均点| 河合塾マナビス| 物理予備校| 理科総合| 物理学習| 医学部再受験|
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。