2009年08月25日

名古屋大の合格体験記


popeyeさんからいただいた合格体験記をご紹介します。

___________________


名古屋大学理学部に合格しました。


高三になって受験勉強を始めたものの物理がまったく分からずどうしようかと思ってインターネットでいろいろ調べているときに
物理ネット予備校に見つけました。


はじめは微積を使って物理を勉強するのは難しいのではないかと
思ったのですが、
無料講座を受けてみると難しいということはなく
むしろわかりやすく、

これは凄いものを見つけてしまったと思い、

物理Web講座を受講することを決めました。


僕が受講を始めたのは10月と遅く、
とにかく結果が欲しかったので

毎日2倍速にして2講座ずつ進めていき、
11月の上旬までに基本編を2週目まで見たあとに
応用編へ進み、こちらもどんどん進めていきました。


結果はすぐに出ました。


夏休みに受けた第一回名大模試で偏差値が50を切っていたものが、

12月の第二回で

65を越えたのです


これには僕も驚き、それからも講座の内容を吸収しようと見続けていきました。


そして直前期には
物理に関してはどこの大学の問題でもほとんど解けるようになり、

センター試験では95点、

二次試験もたぶん満点
なのではないかというくらいのできでした。

物理Web講座の良いところは、
たとえ話を使った分かりやすい説明、
微積を使った公式の導出、
対象性や周期性、グラフを活かした解法などはもちろんですが、

僕にとって良かったのは何度でも講座を受けられるということです。このことによって分からないところを繰り返し見ることができ、
理解を深め、考え方や解法を定着させることができたと思います。

物理Web講座に出会えて本当に良かったと思います。

田原先生ありがとうございました。


____________________


こちらこそ、丁寧な合格体験記をありがとうございました。

今回、こちらの体験記をご紹介しよう、と思ったのは、

「今からはじめて大丈夫ですか?」というご質問をいただくことがよくあるからです。

4月からはじめていない、今からで大丈夫かな、という不安はありますよね。

でも、popeyeさんは、10月からはじめて、あっという間に、物理で満点に近い点数をたたき出すようになる実力をつけることができました。

今までのやりかたを変えることに抵抗がある、という気持ちは僕も分かります。特に、今のやりかたでもいけるかもしれない、という場合は迷いますよね。

ただ、物理ネット予備校は、ThinkBoardを使った講義ですから、どんどん自分ですすめられますから、スタートの時期は問題になりません。

1月からスタートして京都大学に合格されたという方もいらっしゃいます。

無料講義はこちらでみることができますので、どうぞお試しください

posted by タハラ at 21:12| 感想やコメントなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
[PR] 絵本レビュー| 蘭栽培法| センター試験平均点| 河合塾マナビス| 物理予備校| 理科総合| 物理学習| 医学部再受験|
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。