2010年03月12日

不本意なことがあっても

合格体験記が毎日届いています。

この人が、この人が、と本当にうれしい気持ちです。

また、たくさんの受講生の方が、
状況をお知らせくださっています。

今年、自分の思ったとおりの結果でなかったという人も
もちろん、いらっしゃいます。

僕は、もうすぐ40歳になります。
それで思うのですが、

若い皆さんは、そのときそのときで、
評価にさらされているような気持ちになって
つらいこともあるかもしれません。

でも、いろんなことは、通過点だと思うのです。

もちろん、同じことが、今の僕にもいえます。

僕も、不本意だったり、嫌だったりすることもあります。
でも、そのときに、そこで足を止めないことが
大事だと思うのです。

その後、どう生きるか、それによって変わると思うのです。

僕もえらそうなことはいえなくて、今でも、迷っていることばかりです。

でも、不本意なことがあっても、それで終わりじゃないんだ、と思います。



posted by タハラ at 23:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
[PR] 絵本レビュー| 蘭栽培法| センター試験平均点| 河合塾マナビス| 物理予備校| 理科総合| 物理学習| 医学部再受験|
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。