2010年03月31日

趣味で物理ネット予備校に!


今年度のフィズヨビも、今日で終了です。

今年一年、みなさん、本当にありがとうございました。

フィズヨビは年々大きくなり、受講生の方も増え続けています。

フィズヨビは、毎年、新しいことをしてきました。
来年度も、チャレンジの年にします。
(今考えているのは、4月のイベントを
違う形式でできないかということです…決まったらお知らせします!)


フィズヨビは、皆さんに支えられています。

社会人のgolgoさんからいただいた感想です。

__________________________


いつも楽しく学習させていただいております。
小生は、「趣味」として、講座を受講した社会人です。


1:学習の目的
学習の目的は、仕事上及び、趣味の延長線で、
自分なりにあらゆるものをモデル化する中で、
微分方程式をがちゃがちゃいじっている内に、
「式の本質」みたいなものを見失っていた時に、
偶然、先生の講座をネットで発見したことに端を発します。

すぐに、

「ああ、これは本質から数学・物理をえぐっている代物だな!」

と感じ、すぐに申し込みました。

本質を忘れると、本末転倒になって、その内、自分が何をやっているのか?迷い込んでしまうことがありがちと思います

また、真の応用力という意味でも、本質を忘れれば、自ら式を立てることが不可能になると考えます。


2:役に立ったかどうか
数学の基礎から、力学〜エネルギー保存と、一貫した考え方(先生が言うところの、

「簡単な具体的現象から法則を発見し、それを一般拡張化する」という)で展開されており、基礎の確認と言う意味で、相当に役に立つと思われます。

現実の現象をモデル化するのは、非常に難しく、現実的には不可能(近似的にしか不可能)だったりすることが多いですが、
その際にも、微分積分の成り立ちに立脚した先生の物理の教え方は、
複雑で難しい現実のモデル化という迷路に、一定の秩序を与え続けるもとの思います。

これらの基礎を元に、科学哲学などの考察を行うのも、非常に有意義でした(カールポパーの話)。


3:どうやって勉強したか

徹底的に数学、力学の基礎を聞き込み、基礎を頭に刷り込み、
微分方程式などを使った自らのモデルをあたらためて逆から考察し、
微分積分の基礎の部分また戻るという作業を何度も繰り返しました。

例えば、仕事上も全く関係ないのですが、「ゴルフのグリーンでのボールの動き」を自分なりにモデリングしてみました(笑)。

本業では、確率偏微分方程式をがちゃがちゃいじる仕事をしていますが、先生の講座は、徹底的に本質を意識されているので、
話が込み合ってきたとき、すぐに先生の講座に戻れば、
常に基本(本質)に立ち返れます。

小生も学生時代は、所謂、「教科書方針」で物理、数学を”無理な形”で勉強してきましたが、

この講座がある現在の受験生は、最初から本質を突いた王道で勉強ができるので、非常に羨ましい限りです。

今後も、”つまみ食い的”にはなりますが、チョコチョコ講座も追加し、日々勉強に励んで行きたいと考えています。


____________________

ありがとうございました。
お仕事をされながら、物理を楽しんでいらっしゃるのが
本当に伝わってきて、うれしく思いました。

純粋に楽しみのために学ぶ、ということが、
僕も、社会人になってから、本当の意味で分かった気がします。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

posted by タハラ at 21:38| 感想やコメントなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

今年度は明日で終了です


今年度のフィズヨビは、明日で終了です。

半額更新、15%オフも終了します。

お忘れの方は急いでくださいね。


今日は、更新のときにいただいたコメントをいくつかご紹介します。


●aiueoさん
今年度は主に大学編を受講しました。ケプラーの法則や剛体の回転運動などは高校時代にはなかった新たな視点が盛りだくさんでとても刺激的でした。
また最近始まった科学史の話はとても面白いです


●海水さん
とても理解しやすく楽しい講座でした。

●コムさん
応用編、最高でした!!
来年度の受験に向けて、総復習したいです。


●コーンサブレさん
この1年で受講システムが大きく様変わりしていて、
すごいな〜と、ただただ感心です。
物理といったら物理ネット」という日が来る事を信じて
陰ながら応援しています。
(すぐにではないですが電験講座もいつかは購入してみたいです)

●mikiteaさん
今までの無料講座や数学入門を見て、
こんな風に理系科目を教えてくれる先生に出会えていたら、文系ではなく理系の人生だったんだろうな、と思いました。フィズヨビに出会えてよかったです


その他にもたくさんのコメントをありがとうございます。
フィズヨビは、みなさんが参加してくださってなりたっている
ネット予備校です。

来年度もどうぞよろしくお願いいたします。
posted by タハラ at 21:59| 感想やコメントなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月29日

京大工学部に現役合格!!


今年は、現役の受講生の方から、東大・京大の合格者が出ました。

T.Hさんから送っていただいた、京都大学合格体験記です。


________________



私は高三の冬休みから「田原の物理」を受講しました。

それまで私は物理の基本はしっかりとかためていて
市販の問題集の問題ならば大概は解く事ができました。


しかし、京大の問題となると話は別でした。

京大の問題は物理の体系的かつ本質的な理解を要求してくるため、
基本はおさえられていても
それを体系的に理解していなかった私は
過去問を解いてもほとんど合格点にとどきませんでした。

そんな京大の物理に手が出ずに伸び悩んでいた高三の冬に
物理ネット予備校の存在を知り、
この状況を打開するために迷わず
田原の物理の「応用編」を受講することに決めました。

私は田原先生の物理で微積を用いて体系的に理解する事と
たとえ話を用いて物理のイメージを
わかりやすくとらえる事ができ、
何度も繰り返しているうちに
メキメキと力がついてくるのを感じました。

物理を体系的に理解することは同時に
物理の本質的な理解へとつながると実感しました。

「応用編」を何度も繰り返した後に京大の過去問を解いてみたら
驚きました。


それまで手が出せなかった問題が

すらすらと解けるように

なっていたのです



そうして「応用編」を終えて
はじめて解いた京大の過去問で9割近くの点数をとりました。

それから京大の過去問で
物理は毎回必ず8割から9割近い点数をとることが
できるようになりました。

二次試験の一週間前から前日まではPDFテキストと
ノートを何度も何度も読み返すことだけをして、
感覚を忘れないようにしていました。

そうして本番の二次試験では化学が難化したため
思うように点をとることができませんでしたが、

物理では

練習通り9割近くをとることができたため

化学の点数をカバーでき、また合格へのアプローチとなりました。


田原先生の物理に出会えたことを本当に感謝しています。

ありがとうございました。

___________________

ありがとうございました。

京大の問題を解くにあたり、「田原の物理」がお役にたてたようですね。

それは、他の京大合格者の方たちもおっしゃっていました。

しっかり理解されたことが、合格につながったと思います。

本当におめでとうございます。
posted by タハラ at 22:14| 感想やコメントなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月22日

北海道大学の合格体験記


フォンさんからいただいた合格体験記です

北海道大工学部に合格!フォンさん

_________________________


僕が田原先生の授業を受けはじめたのは、
高三になる前の春休みでした。

二年のときまで物理が苦手だったわけではないのですが、
「微積で学ぶ物理」って何かかっこいいなという単純な気持ちで
無料体験を受けてみました。


そこで、物理は公式の暗記だけだと思っていた自分の考えが間違っていたことに気づかされ
物理Web講座を受け始めました。

それからは物理を勉強するのがとても楽しくなり、
また成績も伸びていきました。

パソコンの前で「おー!」と声をあげてしまったこともあるほど、
田原先生の授業は

感動の連続

です。

先生の物理は、公式を導出から理解できるので、
暗記するよりもはるかに楽であり、
また、どの公式を使えばいいのかわからないといったことには絶対になりません。

グラフを使った解法は、運動の様子がはっきりとわかるので、楽しく問題を解くことができました。

さらに、センター試験の対策もとても充実していたので、
おおいに助かりました。

センター試験特有の問題に困ることもなく、本番も自信を持って受けることができ、高得点をとれました。

センター試験直前に田原先生のセンター予想の範囲をもう一度復習したことも、高得点の一因となっています。

二次試験では、数学で大きな失敗をしてしまったのですが、
物理で9割程度とれたので、今回の合格に繋がったんじゃないかと思います。

田原先生の物理に出会ってなかったら確実にだめだったと思います。

一年間、ほぼ毎日授業を受け続けてきた結果

がだせてよかったです。

本当にありがとうございました!

______________________

フォンさん、ありがとうございます。

僕の役割は、まず、物理の勉強が楽しい、と感じてもらうことだと
思います。

フォンさんの感じられた「感動の連続」、それが一番大事なことで、
その気持ちが、「もっと勉強したい」という気持ちになり、
楽しく勉強できて、力もつき、結果にもつながると思います。

勉強が苦しくなくて、学ぶこと自体が楽しくなるような状況がつくられれば、結果がついてきやすくなると思っています。

また、フォンさんはThinkBoardをしっかり利用できたので、それもよかったですね。何度も使える、というのは、予備校の授業と異なる点です。

楽しくて、何回でも、身につくまで利用できる、そんな講座として
利用していただいたようで、僕も、うれしく思っています。

フォンさん、おめでとうございます。これからもよろしくお願いいたします。
posted by タハラ at 09:06| 感想やコメントなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

東京大学に現役合格!

東大・合格体験記

高2年生からはじめて

「田原の物理」で、

現役合格!



m*さんからいただいた合格体験記です。

_______________________

私は高2の冬から「田原の物理」を始めました。

この講座に出会うまでは、物理は本当に苦手で、
公式の暗記ばかりの勉強をしていました。

しかしそれでは典型問題しか解くことが出来ず、
新しい問題に出会うと手も足も出ない状態でした



私は高1の冬あたりから東大を意識し始めましたが、
物理がこの状態では厳しいと思い、とても悩んでいました。

生物化学を選択するとか、文系に進むとか言う方法も考えていました。

そしてあるとき「田原の物理」に出会い、受講を決めました。
 
受講した講座は基本編と応用編全てです。夏休みの終わりまでに一通りやり終え、その後は何度も繰り返し復習しました。

受講していると、今まで自分がいかに物理らしくない物理を
勉強していたかを痛感させられました。



それまでの私は

物理現象が全く理解できていませんでした


しかし、田原先生の講座を受けて、正しく勉強すれば
物理はちゃんと理解でき、
とてもおもしろいものだということが分かりました。


物理の成績は、夏の模試の時点ではまだ習った内容が十分定着しておらず、あまり点が取れませんでした。

このときは少し不安もありましたが、
何度も復習することでだんだん点数が伸び、

冬休み頃には過去問を解いてもほとんど点数を落とさないくらいになりました。本番では、理科2科目のうち先に物理を解くことで心に余裕ができ、化学に臨むことが出来ました。
 

今まで田原先生を信じてがんばってきて、

本当に良かったです


感謝しても仕切れません。

大学に行っても田原先生の講座を利用したいと思います。

本当にありがとうございました。

____________________

こちらこそ、ありがとうございました。

m*さんは、去年にも、感想を送ってくださいましたね。公式サイトで
紹介
させていただいています。

m*さんは、素直な気持ちで勉強に取り組み、
講座の内容だけでなく、どういうことが行われているかまで
きちんと理解してくださったのだと思いました。

大学編をプレゼントしますので、ぜひ、そちらも使ってみてくださいね。
posted by タハラ at 16:32| 感想やコメントなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月13日

あっちゃんさんからいただいた感想です


あっちゃんさんからいただいた感想です。


___________________

昨年は転勤に伴い仕事が忙しくなって少しご無沙汰していますが、
時間を見つけてまたやりたいと思っています。


なぜこの講座はこんなに引き付けるものがあるのでしょうか。


田原の物理に出会って、物理の面白さに惹かれています。

先生は当初はクールな人かと思っていました。
「私は真理を教えます。よく学んでください。結果は付いてきます。さようなら。」なんて具合に。

でも、それは全くの誤りだとすぐわかりました。

どうしたら興味を持って、

物理という勉強を通して

真実を学んでいく喜びを伝えられるか、

いつも考えています。

そして、受験生には目の前の試験に

是非受かってほしい。」

という熱いメッセージが伝わってきます



最近のマガジンでは、

お互いに成長し合えることを目指しています

とありました。
先生の目指すところがどんどんクリアーとなって、すっきりしています。

仕事が丁寧でとても好きです。


昨年の夏の特別講義で「初めてみる問題を解けるためには何が必要なのか?」という講義も良かったです。

解法の体系を持つことだ、ということを分かりやすく説明してくれました。今までにも同じようなことは説明してくれましたが、さらに踏み込んでくれました。

先生の仕事が丁寧ということはこういうことです。


今私は医師の仕事についていて、物理とは直接関係のない世界にいますが、
新しいものを学んでいく姿勢は、

いろんなことに通じるなあ


と思っています。

初めてみる患者さんの要望にこたえるためには何が必要か?
仕事に置き換えて考えてみました。

答えはなかなか出ませんが、いろんな患者さんがいるなあ、ということがわかってきました。
10年やって「十人十色とわかった。」30年やって「百人百色とわかった。」と言っていた人がいると聞いたことがありますが、そんな心境に近づいている感じです。

なかなか科学的でないところがお恥ずかしいのですが。

先生はどんどん進化していて、やってみてどうか?と謙虚に耳を傾ける態度があり、大胆にも新しいものに挑戦していきます。

若さと情熱と夢に向かっていくことが魅力的です

この講座の始めから出会えたことを

本当にラッキー

と思います。

PCレターに変ったときの驚きは今でも覚えています。
先生の声が聞けるし、視覚から入る情報はとても大きいものでした。

先生の顔を想像しながら聞き、板書にない大切なポイントもノートに取りました。

まだ解いていない新しい問題が残っています。無料更新で、もう少し遊ばせていただけませんか。

______________________

もちろんです!
あっちゃんさん、本当にありがとうございます。

「遊ぶ」というお言葉がでてきましたが、それが僕が普段、考えていることです。

他の予備校と明らかに違うのは、物理ネット予備校には、
趣味で学ぶ社会人の方が多くいらっしゃることです。

みなさんが「遊ぶ」気持ちで参加してくださっているのです。本当にうれしいです。

勉強といっても、苦しいのではなく、遊ぶような気持ちで、みなさんが講座をきいてくださるように、と思っています。そして、そういう気持ちこそが、逆に、能力を発揮しやすい状態ではないかと思います。

だから、僕は、本当は、受験生の方にも「遊ぶ」ということに近い気持ちになっていただけるように、楽しい講座にしようと思っているんです。

イベントもそうです。物理ネット予備校が、楽しむための場になればいいと思っています。

あっちゃんさんは、本当の初年度から受講してくださっています。
何度もメールをやりとりさせていただいているので、まるで
以前からのお知り合いのような気さえします。今年もよろしくお願いします。
posted by タハラ at 22:49| 感想やコメントなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月06日

福袋は明日までです


福袋は、明日までとなります!

今回の感想は、

wmickyさんからいただいたものです。

以前にいただいたものなので、
すでに読まれた方もいらっしゃるかも分かりませんが、
wmickyさんの感想を読ませていただいて、僕は本当に
「ネットでやっていてよかった」と思いました。

予備校だけの仕事では、こういう社会人の方とお会いすることは難しかったことでしょう。

そして、「勉強が楽しい」という気持ちで、物理を楽しんで学んでくださっていることに、励まされました。

勉強は、楽しいんです!!


_______________________


田原の物理を受講し始めてからおよそ1年になります。

そもそも受験生でもない私が受講したきっかけは、

やり残しの気分悪さ

からでした。

私は、以前物理を選択して共通一次を受けました。
そこそこの点数もとり、大学も卒業し、社会人となっています。

生活に物理の必要性など皆無という状態でした。

ただ、できることなら、
もう一度、納得できるようなやり方で、物理を勉強したいと
考えていました。


受験生時代の私はとても物理を理解したとは言えない状況だったからです。
まず公式を覚えその上で問題を解くというやり方で、
なんだかよく理解できないまま問題を解いていたため、
面白いはずの物理が、消化不良のままだったのです。

幾何学が公理から始まって遙か彼方まで到達するように、
原理から始めて物理を学んでみたいとずっと考えていました。

そして、田原の物理に巡り会ったのです。

最初は、複素数の無料講義がきっかけでした。
複素数とはから始まって、オイラーの公式までの講義の流れに感激しました。

田原先生が原理から始めて
私を遙か彼方まで連れて行ってくれたのです



PCレターを使った講義は、受講する立場からいえば、ラジオやテレビに勝るものでした。
よく考えてみたいところでは、一時停止すればよいし、
振り返りたいところでは、少し戻ることも可能です。倍速で聞き直せるのも素晴らしいものでした。

一度しっかり聞けば、倍速短時間に復習できるのです。

複素数の講義に感動した私は、すぐに、物理の講義を申し込みました。


物理の講義も、予想に違わずわかりやすく、原理から始めて理解したいという私の欲求を満たすものでした。

私は受験生でないため、他の科目もやらなければなどという制約や、
いついつまで波動を終わらせなければならないなどという制約もありません。

楽しみで物理をやっているのですから、受験を控えている方々から見れば贅沢きわまりない状況といえます。

参考になるかどうかはわかりませんが、私のやり方を述べます。

私のやり方は、まず普通の速度で1つの講義を聴くことから始めます。ノートをとり、指示に従って一時停止で問題も解きます。

つぎに、テキストを読み込みます。きりのよいところまでじっくり読み、中の問題も解いてみます。仕上げに倍速で講義を聴きます。

テキストを読んでいて講義で聴いたはずなのに、自分で解いてみると解けない問題があったり、公式の導入が自分ではできなかったりということも多いのですが、テキストー倍速を2回くらい繰り返すと、
だいぶ理解が進みます。

この段階になると無性に他の問題が解いてみたくなってきますので、
他の問題集に挑戦します。難しい問題もあり、付け加えて覚えておかなければと思えることも出てきますので、ポイント集として、自分なりにまとめています。


また、時々はテキストをパラパラめくりながら、理論の流れや公式間の関連性などを反芻してみています。この方法は倍速よりもさらに早く復習できます。

仕事もあって、すべての単元をまだ克服できていないため、今年も更新することにしました。

また、昨年度は「田原の物理(基本・応用編)セット+PDF版」の
受講でしたが、今年は共通一次も受講してみようかなどと考えています。

ThinkBoardでの講義が始まるとのことですので、さらに楽しいものになると期待しています。

_____________________
posted by タハラ at 10:53| 感想やコメントなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月11日

センター試験解説講義へのコメント


センター試験の解説講義について、

こーたんさんからコメントをいただきました。

___________________


前回のセンター試験解説講座では
考え方のポイントがとても参考になりました。


基本的なことは理解してるつもり、、なのに、

マーク模試で7割を切る成績がずっと続いていたのですが、

ここのところ9割を

取れるようになってきました。

_____________________

こーたんさん、ありがとうございました。

いよいよセンター試験が近づいてきました。しかし、まだ時間はあります。

模擬試験で今ひとつ、という人は、何が自分にたりないのかを意識し、それを克服すれば、

きっと、目標に達することができると思います。

posted by タハラ at 15:17| 感想やコメントなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月09日

コメントをいただきました


毎日、無料講義をたくさんの方が受講してくださっています。

ka2kiさんからいただいたコメントです。

_______________

体系がつかめていない。
数学は好きなので、コツをつかみたい。

________________

この方は、「勉強をする」ということが、よく分かっている方なのだろうと思いました。

勉強をする上で、僕が重要だと思っていることは、多分ka2kiさんのいう「コツ」みたいなものです。

その学問がどういうものであるか、「コツ」「意味」のようなものが分かれば、自分の頭のなかにいれやすくなります。

具体的には、勉強をするときに、はじめに、全体像がみえるようにすると効果的だと思います。

ThinkBoardの講義でいうと、僕がすすめるのは、とりあえず、分からなくても、全部の講義をとおしてきいてしまうことです。分からないことにつっかかってしまうと、そこの部分が気になって他のことがきけなくなることがよくあります。

まず、全体から、何かの「コツ」のようなものを抽出することができると、勉強は楽になると思います。

ka2kiさん、コメントをありがとうございました。
posted by タハラ at 09:32| 感想やコメントなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

名古屋大の合格体験記


popeyeさんからいただいた合格体験記をご紹介します。

___________________


名古屋大学理学部に合格しました。


高三になって受験勉強を始めたものの物理がまったく分からずどうしようかと思ってインターネットでいろいろ調べているときに
物理ネット予備校に見つけました。


はじめは微積を使って物理を勉強するのは難しいのではないかと
思ったのですが、
無料講座を受けてみると難しいということはなく
むしろわかりやすく、

これは凄いものを見つけてしまったと思い、

物理Web講座を受講することを決めました。


僕が受講を始めたのは10月と遅く、
とにかく結果が欲しかったので

毎日2倍速にして2講座ずつ進めていき、
11月の上旬までに基本編を2週目まで見たあとに
応用編へ進み、こちらもどんどん進めていきました。


結果はすぐに出ました。


夏休みに受けた第一回名大模試で偏差値が50を切っていたものが、

12月の第二回で

65を越えたのです


これには僕も驚き、それからも講座の内容を吸収しようと見続けていきました。


そして直前期には
物理に関してはどこの大学の問題でもほとんど解けるようになり、

センター試験では95点、

二次試験もたぶん満点
なのではないかというくらいのできでした。

物理Web講座の良いところは、
たとえ話を使った分かりやすい説明、
微積を使った公式の導出、
対象性や周期性、グラフを活かした解法などはもちろんですが、

僕にとって良かったのは何度でも講座を受けられるということです。このことによって分からないところを繰り返し見ることができ、
理解を深め、考え方や解法を定着させることができたと思います。

物理Web講座に出会えて本当に良かったと思います。

田原先生ありがとうございました。


____________________


こちらこそ、丁寧な合格体験記をありがとうございました。

今回、こちらの体験記をご紹介しよう、と思ったのは、

「今からはじめて大丈夫ですか?」というご質問をいただくことがよくあるからです。

4月からはじめていない、今からで大丈夫かな、という不安はありますよね。

でも、popeyeさんは、10月からはじめて、あっという間に、物理で満点に近い点数をたたき出すようになる実力をつけることができました。

今までのやりかたを変えることに抵抗がある、という気持ちは僕も分かります。特に、今のやりかたでもいけるかもしれない、という場合は迷いますよね。

ただ、物理ネット予備校は、ThinkBoardを使った講義ですから、どんどん自分ですすめられますから、スタートの時期は問題になりません。

1月からスタートして京都大学に合格されたという方もいらっしゃいます。

無料講義はこちらでみることができますので、どうぞお試しください

posted by タハラ at 21:12| 感想やコメントなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月08日

みなさんのコメントから


いただいたコメントです。

他の方のコメントを読むと、同じような悩みをもっていることもあるかもしれません。


__________________

●poohさん
-
▼物理で困っていること
 どうにか、本番で高得点を取りたいです。が、現状は、基本問題すらできない。

_______


基本問題がしっかりできるようになるまでが、頂上までの道のりの6合目だと思います。

夏休みに、基本問題をみっちりと固めることができれば、
十分間に合うと思います。

____________________


●omiさん

▼物理で困っていること
 電気がちんぷんかんぷん状態です。
______________


電気は、力学と「学び方」が違うので、電気の論理に慣れるまで、
時間がかかるかもしれませんね。

「微積で楽しく高校物理がわかる本」で、そのあたりの話を詳しく書いているので、書店の「理工書コーナー」で探してみてください。


_________________________

●kimaさん

▼物理で困っていること
力学は得意なのですが、波動や電気等の分野がまだいまいち理解できておりません。
微積分を使う物理に興味があるので申し込みさせていただきました。

____________

微積分を使うと、力学と電磁気の背後に共通の考え方・解法があることが分かります。
このことがわかると、
電磁気分野が

とても楽に理解
できるようになります。


____________________________

夏休みです!

物理の基本的な考え方を今の時期にしっかり身につけましょう!

今はまだ問題を解くまではできなくても、ここでちゃんと
がんばれた人は、後期に伸びてくると思いますよ!!




posted by タハラ at 15:56| 感想やコメントなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月30日

コメントありがとうございます


下のものは、以前に物理ネット予備校によせていただいた「物理で困っていること」のコメントとそれに対する僕の返信です。メルマガでも以前紹介させていただきましたが、同じような悩みを持つ方も多いかもしれません。参考になさってください。

_____________________


私は生物で得点できない現状から物理に変えましたが、京大の問題を見たときに手も足も出そうにないと思ってしまいます。

(田原より)
現在の自分にとってまだ到達していないレベルの問題を見れば、だれでも、「手も足も出ないな」と感じてしまうと思います。
でも、自分の学力が上がってくると、いつのまにか「解ける問題」に変わってくるものです。

京大の問題は、難易度は高いですが、「よくある難問」が出題されます。難問解法を体系的に学ぶと、かなりスムーズに解けるようになりますよ。

物理ネット予備校では、田原の物理(応用編)で、難問解法を体系立てて扱っています。



頭の中に解法が体系化されていないこと

(田原より)
このことを問題意識として持っている段階で、おおきな一歩を踏み出していると思います。

物理の勉強のポイントは、まさに、解法を体系だてるということだからです。さらに、解法と法則体系が絶妙に絡み合っているのが物理の魅力です。

まず、法則がどのような体系になっているのかを学ぶ。
次に、法則体系に基づいて、解法を整理する。

この順序で勉強していけばよいと思います。



難しい問題になると歯が立たなくなってしまう

(田原より)

「難しさ」は、いくつかの種類に分類できます。
「2つ以上の物体が同時に動く難しさ」を例に挙げてみましょう。

この難しさを解消するために、いくつかのやり方が考えられています。

主なものは、次の3つです。

(1)一つの物体に固定した座標系で考え、慣性力を導入する。
(2)重心運動と相対運動に運動を分解する。
(3)v−tグラフで図形的に解く。

このように頭の中が整理されていて、問題に応じて、(1)〜(3)のうち、適切な解法を選択して解くというのが、難問が解けるという状態です。

難問解法を学ぶ段階、解法選択の判断力の段階、どちらの段階で躓いている
のかが分かれば、先に進むことができますよ。
posted by タハラ at 06:59| 感想やコメントなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月24日

夏期 特別講義への感想


夏期特別講義は、明日までになります!

ソクラテスさんからいただいたメールをご紹介します。

_________________

こんばんわ。ソクラテスです。

今回の講義で

解法体系を頭の中に作り上げることが

いかに大事かということを再認識
させてもらいました。


今回の講座で扱っていた例題は
公式を必死に覚えていたころでしたら解けて
いなかっただろうなあ
と思いながら見させてもらいました。

先生のおかげで物理に対する見方がかなり変わったと思います。

もっと解法体系を身につけて、洗練していき、
どんな問題でも解けるように頑張っていきたいと思いますので
よろしくお願いします。

____________________


ありがとうございました。

ソクラテスさんのおっしゃるとおり

「解法体系をつくりあげる」ことは、物理を学ぶ上で
とても重要なことで、
それができると、物理が全くかわってみえてくると思います。

「田原の物理」は、それを身につけていただくため、
僕が何年もかけてつくりあげてきた講義を
PCで再現できるようにしたものです。

いよいよ夏ですね。

受験生のみなさん、夏を有意義に過ごしてくださいね。

夏期特別講義が、夏を有意義に過ごすためのヒントになれば幸いです。

posted by タハラ at 18:50| 感想やコメントなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

ハントさんから感想をいただきました(後半)

昨日の続きです。

講義別の感想をくださったので、「田原の物理って実際はどうなの?」と思っている方が、(口コミ情報として?)なんとなく雰囲気をつかんでいただけるのではないかと思います。

_____________________________

そして、講義別の感想は

☆「物理のための数学超入門」←非常に助かります。これがないと「わかっているつもり」の箇所が出てきてたと思います。

☆「モーメント」・・・聞いたことない説明も多く、深く理解できました。「重心の求め方」は感動しました。

☆「慣性力」・・・田原先生の講義で、慣性力のスゴさが身に染みました。深く理解できました。

☆「終端速度型」は初めて習いました。初めてなのにわかり易かったです。

☆「単振動」・・・去年の先生の説明は不親切だったのですが、田原先生の解説で物凄くわかるようになりました。習った範囲だけですが、マスターできてとっても嬉しいです^^

☆「仕事・エネルギー」・・・解法(解き方)がとても良いです。特に、両辺に「エックスドット」をかけて「力学的エネルギー保存則」を示すところはビックリしました。問題解く過程での説明が親切です。

☆「力積・運動量」・・・「はね返りの式」は田原先生が説明しながら式を作るので自動的に覚えられました(笑)。「2体問題」は感動しました。素晴らしいです。面白いです^^

☆「円運動」・・・遠心力の必要性を感じさせられました。「円錐振り子・単振り子」の解説が詳しく、「単振り子」については初めて習いましたが躓きませんでした。「単振り子」は講義で解説していないにも関わらず理解できたので、「田原の必修物理」はスゴイです。
_______________________

また、他のメールで、船越先生についても書いてくださいました。

____________________________

回答が分かりやすく、早い返事なので、質問掲示板は非常に便利です。
______________________

船越先生には、僕は、本当に頭が上がりません。僕が「このぐらいやってくれればいいな」と思ったレベルよりも、ずっと高いレベルで、
「質問掲示板」を管理してくれています。

詳しく
すばやく
適切
丁寧

そして何より、物理を知っているレベルが高いので、安心してお願いできます。

素晴らしい先生にお願いできて良かったと思っています。

ハントさん、丁寧なメールをありがとうございました。メールをいただくと僕も励みになります。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

「数学超入門」は、微積分を習っている人でも、忘れてしまったところをすぐに復習できるので役に立つといわれます。

モーメントのところでは、「作用線」を引いて図形的に解く解法が「田原式」の特徴です。

終端速度型は、電気でもでてきます。微積分で解く解法の場合、力学と電気を同じやりかたで解けるのがうれしいですよね!!







posted by タハラ at 23:08| 感想やコメントなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

ハントさんから感想をいただきました

ハントさんから感想メールをいただきました。許可をいただいたので、ご紹介します。

今日は、前半部です。
_________________________

田原先生、親切な回答ありがとうございます。

力学編(万有引力を除く)が終わったので感想を書きますね。

全体的に


☆「田原の必修物理」の質が良いです。講義とほとんど変わらないです。「バイブル」です。

一切の妥協を許さない所、一貫した考え(ex.運動方程式から始める)、わかりやすい説明がとっても助かります。

☆「分析・統合」「規則・対称性」は効果抜群です。

☆「問題の背景」や「数式」の意味を説明してくれるので、現象を理解できます。楽しいです。

☆本質から説明して、解法が体系化されているので、無味乾燥な暗記しなくていい。楽に学べる


今まで通ったの予備校の先生も、「本質」「体系化」「わかりやすく」「基礎から」教えますなどと言ってましたが、実際には実行していません。田原先生はスゴイ人です。


______________________

ハントさん、丁寧に書いてくださってありがとうございます。「田原の必修物理」は、実際に、ある予備校で、講座と併用しているテキストです。
これがあると、たとえば、朝PCで勉強し、バスや電車などの通学時間・通勤時間で復習することもできます。

また、「楽に学べる」とありましたが、これは本当にそのとおりだと思います。「微積物理」は難しい、というイメージがあるようですが、僕は、「微積物理」はむしろ、「楽」「楽しい」だと思います。


このあと、講座別の感想が続きます。それは、別のときに載せさせていただきますね。

講座別の感想は、特に、「田原の物理を実際にやるとどうなの?」と思っている方に、とても参考になると思います。

お楽しみに。




posted by タハラ at 22:22| 感想やコメントなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

ryoko83さんから感想をいただきました


受講生のryoko83さんからメールをいただきました。許可をいただいたので、こちらでご紹介します

__________________
 
こんにちは田原先生。

この前模試を返されたのですが、先生のおかげでさっそくできるようになりました。

先生に習った通りに力学の問題を考えることができました。
私にとって今まで物理は公式を暗記してそれに当てはめてガリガリ計算をしていくしかないと思っていました。

どうしてそうなるのかがわかりませんでした。

どの参考書を読んでも雲をつかむような感覚で
どうも納得がいかなかったのですが
先生の授業は毎回納得できるのでとても楽しみながら授業を受けています。


私は波動の分野に苦手意識がありましたが、基本から始めて確実に理解していけました。

また、難解なイメージが強かった干渉も同じ考え方でどの問題も解けることにとても感動しました。

先生の授業を受けて物理がわかるようになってきてとても嬉しいです。

これからもよろしくお願いします。

______________________

ありがとうございました。

ryoko83さんは、今、どんどん物理が分かるようになって、楽しくなってきたころのようですね。

物理が分かるようになっているとき、きっと、頭の中では、物理の体系ができあがってきているのだと思います。

そうなると、ちょっとひねった問題でも解けるようになるし、「頭を使う」ことも楽しくなりますよね。

公式暗記ではなく、体系的に物理を学ぶ人は、それを実感できると思います。

これからもどうぞよろしくお願いします。

posted by タハラ at 23:57| 感想やコメントなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

無料講義の感想です

無料講義へいただいた感想をいくつかご紹介します。

______________________


●Takeさん

物理、力学の問わんとしているところが、
V−Tグラフによって、すべて表せることが、
わかってはいましたが、頭の中に鮮明に入っていきました

内容の理解についても、割と得意な分野ではありましたが、
規則性から解答するという、公式物理とは全く違う観点から
解いているように感じて、鮮やかでした。
___________________________


●トティオンさん

微積分を使って解くことをまず知らなかったので
最初の授業でかなり驚かされました。

そしてまず問題を微積で解くという前に、
物理での微積分の位置づけを学びとろうと思い
授業をもう一度見直しました。

その結果かどうかわかりませんが、先日の駿台模試では力学を満点でした。

市販されている問題集に乗っている問題は解けても
やはり東大京大医学部は載っていない問題も
その場で解けるようにならなくてはいけません。

そのためにもこの微積物理は必要だと思いました
また、駿台文庫の「新・物理入門」を通読すれば
物理に関しては完璧になると思いました。


____________________

●onidotoriさん

今まで 時間、速度、距離、加速度の問題は
公式に当てはめて、公式を変形して 答えを出すと言うやり方をしていました。

しかし、今回の「v−tグラフから読み取る」と言うやり方をみて試してみると、
はじめのうちは慣れないせいか、戸惑いましたが、

コツ」をつかむと、直感的にイメージがつかめるようになりました
小学校のときの「面積図」と基本は、同じですね。

_________________________


ありがとうございました。

無料講義を試した方の感想では、とにかく、

「公式としてやってきた今までの物理と全然違う!」と
驚かれる方が多いです。

さて、「東大物理」イベントは、いよいよ今週末です!

どんなに、「田原の物理」が違うか、実感してくださいね!






posted by タハラ at 21:31| 感想やコメントなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月27日

「微積で楽しく高校物理がわかる本」増刷決定!

「微積で楽しく高校物理がわかる本」ですが、

おかげさまで、

また

増刷されることに

なりました!



先日、出版社の方から連絡がありました。

今度、5刷り目になります。

みなさん、ありがとうございます。


「微積で楽しく高校物理がわかる本」の感想としていただいた、
カオスさんのものをご紹介します。


______________________


物理を誤魔化さずに理解しようと、
先生の執筆された本を今日購入しました。

チャプター1の内容に

凄く共感して、

ピンとくるものがあったので、

感動しています



私が受験生のときにはこのような話を
一切聞いたことがなかったので、

今が物理をちゃんと勉強するチャンス

だと感じています。


高校のとき、物理をマスターしようと躍起になっていましたが、
全然だめでした。


その後予備校で物理を学んで(微分積分を一切使わない)、

とりあえず得点力は飛躍的に伸びましたが、
頭の中はすごくもやもやで、すっきりしない、
そんな状態が今まで三年ほど続いており苦しいので、

「ちゃんとした順番」でじっくり物理をやっていくつもりです。

__________________________

カオスさん、ありがとうございました。

「共感」した、というのが、僕もうれしかったです。

点数をとるためだけに学ぶのは、楽しくないんですよね。
もちろん、受験があると、点数をとれるようになるというのが
大前提なのですが。

僕が気をつけていることは、受講生の方が、
「すっきりわかった!」「楽しい」という気持ちになってもらえるような授業にすることです。

点数がとれる、ということと、「楽しい!」「分かる」が
両立する授業というのは、
すごく効果が高いと思っています。

予備校で教えていると、楽しいと思って学んでいる生徒は、
本当に、どんどんできるようになっていくんです。



posted by タハラ at 16:54| 感想やコメントなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月26日

「楽しいです」ー一休さんからいただいた感想です

一休さんからいただいた感想をご紹介します。

__________________


物理基本編を受講している者です。

大学時代、縁あって専攻した理論経済で「ラグランジェ」やら「ハミルトニアン」やらを意味も分からず使ってきた反省から、社会人生活10年目にして、その原点(?)である物理を勉強し始めた次第です。

いま、さび付いた微積を思い出しながら力学を勉強しておりますが、

ma=Fというシンプルな式と微積で

様々な事象を説明されているのに、

ただただ驚くばかり


結論ありきの嘘くさいパラメータ、
強引な仮定に散りばめられた経済学(←かなり主観入ってます)よりよっぽど楽しいです。

高校時代、先生のような方に出会っていれば人生変わっていたかも、と考える今日この頃です

_________________________


一休さん、ありがとうございました。

物理ネット予備校は、実は、社会人の方で
純粋に「楽しみ」として受講されている方が多いです。

僕も、受講者のみなさんが「楽しい!!」と思っていただけるように
工夫して講義をつくっています。

予備校で10年以上教えてきたわけですが、
そうすると、「楽しい」と思ってもらえているか
そうでないかということがはっきり分かるようになります。

「楽しい」ということは、とても大事なことだと思っています。


posted by タハラ at 16:47| 感想やコメントなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月15日

更新期限は5月末までです

5月も半ばになりましたね。
物理ネット予備校の更新期限は、5月末までです。

この期間をすぎると、更新ができなくなります。

6月以降になりますと、また勉強したいと思っても、
新しく購入するのと同じ金額になりますから、ご注意ください。

昨年度、更新された方のコメントです。メルマガでは
ご紹介していましたが、ブログではまだでした。



● Hutch888さんからいただきました。


___________________



この物理ネット予備校は

社会人にとって

非常に優れた教材
だと思います。


英会話教室などの文科系のジャンルならまだしも、

社会人にとって理系の分野を
新たに学ぶのは非常に困難な事なので、


パソコンで、しかも自分のペースにあわせて
講義が受けられるというのは大変ありがたいです。

1年間で半分くらいしか終了できませんでしたが、
楽しんでいますので今後とも続けたいと思います。

来年に次のステップに行けるように深く理解したいと思います。

余談ですが、

物理のような理系の知識は必要ないと言う人が多いですが、
ジョギングやジムに通ったりして体の調子を整えるのと同じように、

物の見方、考え方”を学ぶことは頭のエクササイズとして、
とても健康的な事だと思います。

_____________________

体の調子を整えるのと同じように、「物の見方、考え方」を学ぶことが「健康的」というのは、僕にとって、とても新鮮な言葉でした。

僕は、最近、気持ち(心、脳?)が「よい」状態であるというのが、とても大事だと思っています。自覚的に、それを整えることで、
生活の質がとても高まるのだと思います。

運動をすることが、心をよい状態に保つために有効であるように、
「ものの見方、考え方」を学ぶという自覚的な学習が、
人の心をよい状態に保つのによいのかもしれませんね。

少なくとも、僕は、いろいろな人や本から教えてもらう刺激を
得ることによって、幸せな気持ちになっています。

posted by タハラ at 19:01| 感想やコメントなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
[PR] 絵本レビュー| 蘭栽培法| センター試験平均点| 河合塾マナビス| 物理予備校| 理科総合| 物理学習| 医学部再受験|

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。